看護部長あいさつ
副院長兼看護部長 庄司はるよ
副院長兼看護部長
庄司 はるよ
看護部では、「もし、自分が患者だったら・・」という想いで「患者さんに寄り添う看護」を最も大切にしています。

急性期~回復期そして維持期において、その人やご家族にとって最善の医療、看護、福祉サービスを受けていただくために、併設したリハビリセンター、訪問看護ステーション・タッチ、デイケアセンター、居宅介護支援事業所と連携を密に多様なニーズにお答えできるように、ご支援させていただいています。

人材育成として、プリセプターシップを採用し、ラダーに基づいた目標管理では、ポートフォリオを用いてスタッフと看護管理者が目標を共有し、個々のキャリアアップ支援をしています。

教育委員会は、新入職員研修、オンデマンド研修、看護研究を年間教育計画に基づき一貫した教育体制で実施しています。

業務委員会は、基準、手順の作成はもとより、「手順ラウンド」では、業務手順の直接指導を実践的に行いスキルアップ、看護業務の質の向上に努めています。

また、他部署との協賛で毎年開催される院内創意工夫展は、患者さんやご家族の方にも好評を頂いております。

WLBに関連して時短制度や多様な勤務体系を取り入れ、併設された24時間保育の託児所が利用できます。ママさん看護師も安心して自らの力を存分に発揮し活躍しております。


看護部理念
多様化する社会のニーズに対応できる真心のこもった看護の提供と看護の質の向上に努める
看護部の方針
1. 地域の皆様に安全で安心できる看護を提供します。
2. 快適な療養生活の提供とQOLの向上に努めます。
3. 患者さんやご家族の意思を真摯に受け止め、必要な看護を提供できるよう努めます。
4. 多様な患者さんの背景を理解し誠実に対応します。
5. チーム医療実践のために、院内外、他職種と連携を図ります。
6. 看護実践能力を高めるために、研究的視点をもって自己研鑽に努めます。

看護体制
 
急性期病棟

回復期病棟

看護体制
7:1看護
13:1看護
看護提供方式
固定チームナーシング
プライマリーナーシング
勤務体制など
二交代制、シフト制あり